【つぶつぶストーリー1/3】結婚=一生家事は絶対イヤ!?と思っていた私




つぶつぶ実践の一番の近道
8月20日(日)開催♪ 

無料メルマガ好評配信中です!登録はコチラ
メルマガ読者様限定で、食に関する疑問や質問をお受けしています!


子どもが4人いるけど背中に翼が生えてるよ♪
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザーのんちゃんこと伊藤信子です。

お盆生まれの私。43歳になりました!
誕生日を記念して、3回連続で、自己紹介も兼ねて私のつぶつぶストーリーをおとどけします。 

少し長いのですが、よろしかったら是非お付き合いくださいね。 


こんにちは♪ 

のんちゃんこと 
つぶつぶマザー伊藤信子です。 

12才から4才まで、 
2男2女の子供が4人と 
大学で林業を専門に教えている 
夫との6人家族です。 

末っ子の愛美(あみ)は、 

「出産費ゼロ円」の 

楽ちんお産で生まれて来ました。 


妊娠中も元気に活動を続け、 
お産もツルリと超安産で、 

初産の時はトラブル続き 
だったのが嘘のようです。 


子どもたちと一緒に 
毎日つぶつぶ料理を手作りし、 

620ヒロアミころころ_R2 

畑で雑穀を育て 

815あわの穂_R2 

にぎやかで、 

元気あふれ、 

心やすらかな 
暮らしを楽しんでいます。 

214バレンタイン子どもたち 

岩手山のふもと雫石で 

地元の木と大工職人の技を 
ふんだんに生かした家に住み 

21雑巾がけ最後_convert_20141121124654 

毎日の暖房と給湯を 
薪エネルギーでまかなっています。 

414愛美薪積み 

つぶつぶの食(穀物菜食)を 
柱に、家族で楽しく実践しながら、 
新しい暮らし方を提案しています。 


私の仕事は、つぶつぶマザー。 


具体的な活動の中心は 


「キッチンからはじめる私革新」 
 の心と技を伝える 

「未来食セミナー」の講師。 

49体感会_R2 

そして、 

つぶつぶ料理体感会や 
つぶつぶ料理教室など 

「つぶつぶクッキング」 

のおいしさとその可能性を伝え、 
幸せな食と暮らし、実践の輪を 
広げる仕事をしています。 

 723レッスン

暮らしをまるごと楽しみながら 

暮らしの中に仕事が 
溶け込んでいる感じです。 


こんな私の姿を見て 
母が目を丸くしています。 

正直なところ、 

私自身が一番 
驚いているのですが・・・ 

実は、 

20代半ばまでの私は、 
出産・子育てはおろか 

結婚にすら全く興味が 
なかったのです。 


「あなたは世界に羽ばたきなさい 
 これからの時代、女性だって 
 どんな仕事でもできる」 


物心ついた頃から 
母にそう言われて育ちました。 


素直にそれを受け取った私は、 

いつしか自分の女性性を 
封印するようになり、 


「お母さんになる」 


というイメージが 
すっぽり抜けたまま 
成長しました。 


「世界の貧困問題を解決したい!」 


「国際機関やNGOの職員に 
 なって、日本を飛び出し、 
 海外で仕事をしよう!」 


そう思い定めて大学に入り、 
アメリカ留学もしました。 


使命感に燃え、 
恋やオシャレは二の次でした。 


「世界のどこかで苦しんでいる 
 人々がいるのに私だけが楽しんだり、 
 幸せになってはいけない」 


そう一途に思い込んで、 
勉強に没頭しました。 


一方、 

料理や家事は面倒で 
価値がないものと思っていました。 


小学生のとき両親が共働きになり 
私は毎朝早起きして自分と弟の弁当作り 

部活のない日は洗濯やアイロンかけ 
受験生の時も夕飯を作っていました。 


でも、 

「つまらない男と結婚して 
 一生家事をして過ごすなんて絶対イヤ」 


「私は世界を股にかけて仕事をし、 
 家事なんかやるもんか!」 


そう心に決めてイヤイヤやっていました。 


今のように子ども達と 
ワイワイ家の中をクルクル動き 
回っている自分の姿なんて当時は 

絶対想像できないものでした。 


「世界平和のために人生を捧げたい!」 


そう真剣に思っていたのです。 


NPOで活動していた20代前半も 

食の安全や社会問題は熱心に論じても 
自分の食生活には無頓着で台所に立つ時間も 
ほとんどありませんでした 


そんな私が、 

雑穀のニセ表示をなくすための活動を通じて 
つぶつぶグランマゆみこ(以後ゆみこと 
書きます)に出会ったのです。 


正直な事を言うと、 

初めは、 

「多国籍企業の陰謀で世界が大変なことに 
 なっているのに料理ばかりして喜んで 
 いるなんて、なんて能天気なんだろう」 


「なんで雑穀を使って変わった料理を 
 するんだろう?」 


と批判的に思っていました。 


そんな私の意識が変わったのは、 

2000年につぶつぶが開催した 
国際雑穀食シンポジウムで 
通訳ボランティアをさせてもらった時です。 


ゆみこの話を聞いていて、 

私の革命家スピリットに 
火が点いたのです。 


海外ゲストと一緒にいのちのアトリエ 
(山形県小国にあるゆみこの住居)に 
連れて行ってもらい、 

ゆみこやパートナーの郷田が、 
体調を崩して苦しそうにしている 
エチオピアからのゲストに 
あたふたせず、手当をしたり、 

ゆみこが醤油の一升瓶を振りながら、 
4人の子供たちと一緒に 
シンプルでいて、豪快な料理を 
とても楽しそうに料理していたり、 

砂糖も牛乳も使わないのに 
おいしい料理やデザートが 
次々と出てくるのに驚きました。 

723農法セミナー夕食_R2 

その美味しさ・ 
シンプルクッキングの秘密が 


『雑穀』 

624体感会サンプル_R2 

だったんです。 


『穀物8割の食が人間の体に合っている』 

とゆみこが言っていることにも納得し、 
ストンと腑に落ちました。 

そして、理屈だけなく、 

日常の食卓につぶつぶ料理が出される 
地に足のついた暮らし、活動を 
目の前で見て、体感させてもらったことで、 

つぶつぶを見る目が大きく変わったのです。 

気づくと、レシピ本を片手に 
つぶつぶ(雑穀)料理を 
見よう見まねで作り始めていました。 



まだ受講していない方は迷わずこちらがおススメです!

未来食セミナーScene1 
8/20(日)開催!
詳細・お申し込みはコチラから



【2017年9月末まで】
簡単&おいしい&ヘルシーな手作りおやつをマスターしたい方は、おまとめがおススメ!


「セミナーは気になるけど、いきなりはちょっと」
「まずは食べてみたい」
そんなあなたにおすすめなのが、つぶつぶ料理体感会です。

~つぶつぶ体感!未来食セミナー説明会~ 
・講師の体験談&つぶつぶって何?ミニレクチャー
・お楽しみ試食タイム(6種のつぶつぶ料理とデザート&お茶)
・感想のシェア&未来食セミナーScene1説明会
・参加費3,000円
712体感会_R2 


お申し込みお待ちしています*^^*


ゆみこの和語レッスンお申込受付中!



☆フェイスブックやっています☆ 
https://www.facebook.com/nobukotaka 
日々の食卓や暮らしの様子をアップしています。 
お友達リクエストも大歓迎です^^ メッセージいただけると嬉しいです^^

↓こちらもおススメ↓


***************************

セミナー・料理教室には、盛岡市、花巻市、北上市、奥州市、遠野市、八幡平市、二戸市、滝沢市、宮古市、大船渡市、金ヶ崎町、雫石町、紫波町、葛巻町、岩泉町、平泉町、宮城県仙台市、宮城県大崎市、青森県青森市、秋田県秋田市、大仙市、横手市、仙北市、湯沢市、にかほ市、福島県福島市、北海道札幌市、函館市、神奈川県大和市からもお越しいただいています。

***************************
盛岡でもつぶつぶ料理が習えます!

つぶつぶマザー佐々木眞知子さんのつぶつぶ料理教室at盛岡はコチラ→http://ameblo.jp/tubutubu-zakkoku-kogawa/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずはここから
クラスのご予約はコチラから
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶつぶラジオ開局!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)

Author:つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)
穀物と野菜が主役のおいしいベジタリアン料理・未来食つぶつぶをお伝えしています。

つぶつぶの食を実践して13年余。苦手だった料理が大好きになり、おいしく食べ続けていただけで、心も体もスッキリ晴れやかになりました。

食と意識の力で、流産や帝王切開のつらい経験を乗り越え、第4子は感動の自宅プライベート出産。

雫石町に無垢の木と自然素材で建てた自宅兼アトリエでセミナーや料理教室を開催しています。

是非一度遊びにいらしてくださいね!

つぶつぶマザー
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示