【母乳で育てたいママへ】おっぱいはカスタマイズされる!


つぶつぶ料理体感会
11月22日(火)@雫石会場 ①10:30~
11月23日(水祝)@盛岡・アイーナ会場 
 ①10:30~②13:30~

つぶつぶスイーツ体感会
12月3日(土)@盛岡アイーナ 
 ①10:00~②12:30~③15:00~ 
12月10日(土)@秋田横手かまくら館
 ①10:30~②13:30~

☆イベント出展します☆
11/5(土)自分の顔が好きになる!美塾イベント@やはぱーく
詳細はコチラ

料理教室の日程・お申し込みはコチラ つぶつぶ料理教室公式サイト
*11~1月のレッスン更新しました♪

本気で食を変えたい方はコチラ 未来食セミナーScene1


キッチンから笑顔と幸せを広げたい!
つぶつぶ公認未来食セミナー講師
つぶつぶマザーのんちゃんこと伊藤信子です。

えっとー、数日前に何故かこのテーマがやってきたので、今日はつぶつぶ子育ての話題(笑)

ずばり、おっぱいはカスタマイズされる!です。

母乳で育てたいと思っていても、母乳育児に熱心な産院じゃなかったり、傍に経験者がいないと、くじけちゃいますよね。不安を煽るような指導や情報も多いですし。

でも、大丈夫!お母さんの体も赤ちゃんの体も、とーってもよくできています。まずそれを信頼しましょう♪

それでは、私の体験をシェアしますね!

始めは赤ちゃんも吸うのが下手っぴ♡

赤ちゃんだって、最初から上手におっぱいを飲めるわけではありません。さらに、お母さんも初心者だと、勝手がよく分からなくて、私も第一子の時は、母子でおっぱいの度に汗だくでした(^_^;)

生まれてすぐの赤ちゃんは口が小さいけど、それでも乳首の根元までカプッとくわえられるように手を添えてあげるといいです♪

おっぱいを飲むのは赤ちゃんにとっては全身運動。最初の頃はすぐ疲れて寝ちゃったりもします。あと、特に生後2日目位はまだおっぱいもよく出ないので、「出ないよー」って怒って泣くこともあったなー。

私は、ミルクや哺乳瓶に慣れさせたくなかったので、おっぱいの出が良くなるまでは、小さなスプーンでお水をあげていました。

生後3~4日目になってくると、お母さんのおっぱいも張ってきて、お乳も出るようになってきます♪そこまでは諦めずに頻繁に吸わせるようにして、最初の頑張りどころかなぁと思います。

4人の子供たちのうち、例外は第四子で、生まれてすぐから飲むのが上手でした*^^*お腹の中で練習してきたんじゃないの!?って思ったくらいです。小さく生まれたからかな?よくできていますね。

あみ4ヶ月_convert_20131026224922 

カスタマイズされる乳首やおっぱいの量

特に、第一子の時は乳首も固かったり、すぐには乳腺が全部通ってなかったりしますが、これも、よく吸わせてることで、赤ちゃんの口に合った形や柔らかさになるし、乳腺も全面開通します♪

ちなみに、おっぱいを吸われることで、子宮も収縮するし、母性を呼び覚ますホルモンの分泌も促されるそうです。これは、確かに実感がありました。

おっぱいの量について、私の経験では、吸われれば吸われるほど、おっぱいはお乳を出そうとするし、逆に、間隔が長くなると、お乳の量も自然と減っていくような気がします。

また、産後3カ月くらいまでは、ちょっと間隔が空くと、おっぱいがガチっと張って辛かったり、飲んでいない方からお乳が漏れて服がビショビショになったりすることがあるけれど、3か月を過ぎた頃になると、需要と供給のバランスが整ってきて、吸われたら張って出る、というおっぱいになっていきました。

お母さんと赤ちゃんの共同作業で、ちょうどいいおっぱいになっていくんだと思います♪

ちなみに、おっぱいの大きさと母乳の量は関係ないみたいです。これも私で実証済み(笑)

あみ6ヶ月_convert_20131228163906 

やっぱりごはん!

第三子が3か月の頃、フラフラになってしまったことがありました。私は子どもを生むたびに痩せていくタイプ。上の子たちの世話もあるし、母乳もどんどん出るので、油断すると、自分が痩せていってしまうのです。

そんな時、当時つぶつぶのスタッフだった埼玉のつぶつぶマザー坂野純子さんから「私なんか授乳中は一人で1日8合のごはんを食べてたよー」って聞いて、びっくり!

それ以降、1日に何度でも、暇さえあればひたすらご飯を食べて復活\(^o^)/

さすがに8合は無理でしたが、私は子どもの頃パン食で育ったので、この時、ご飯をしっかり体を入れたお陰で体の芯が整ったかなぁと思っています。

母乳の出や質を良くする食べ物は、やっぱりごはん(=穀物)が基本です。動物性のものは詰まりやすいようです。野菜や果物ばかりだと冷えちゃう。

母乳の出を良くし、サラサラと詰まりにくく、温かい体を保つ食べ方のバランスについては、未来食セミナーScene1で詳しくお伝えしています♪

あみあーん_convert_20140407142533 

まとめ

私が自宅で赤ちゃんを迎えるとき考えたのは、お産がそんなに危険で大変な事だったら、今頃人類は滅びているはず、ということ。

母乳も同じだと思います。ヒトも哺乳類の一種。ミルクも哺乳瓶もない時代から、人類はおっぱいで赤ちゃんを育ててきました。(もちろん、たまに例外もあったかもしれませんが。)

世の中にはいたずらに不安を煽るような情報ばかり。

そんな中で子育てをすることは簡単なことではありませんが、そのための食の土台を学びたい方は、未来食セミナーScene1にいらしてくださいね。

自分の体や赤ちゃんの体への信頼を取り戻し、安心して母乳で育てることができるようになりますよ♪

1031食べちゃう!_R2 

*******************
未来食セミナーについて知りたい方にコチラがおすすめ!


810体感会_R2 

つぶつぶ料理体感会@雫石
11月22日(火)@雫石会場 ①10:30~
11月23日(水祝)@盛岡・アイーナ会場 ①10:30~②13:30~

つぶつぶスイーツ体感会
12月3日(土)@盛岡アイーナ ①10:00~②12:30~③15:00~ 
12月10日(土)@秋田横手かまくら館 ①10:30~②13:30~


712体感会_R2 

つぶつぶの基本的な考え方や
つぶつぶに出会うまで、素顔とは真逆の仮面を被って生きていた私の体験談をお話します*^^*
そして、8種の雑穀料理とスイーツを実際に試食していただきます!

参加者の皆さまの感想をご紹介しますね♪


雑穀のイメージが180度変わりました。
健康にいいとは思っていましたが、美味しいというイメージが全くなかったので、新しい世界が知れて良かったです。
(E.S様)

本で見るだけネットで見るだけでは分からない、実際の美味しさを実感しました。
(N.W様)

衣食住にかかわらず、さまざまな情報にあふれている世の中でそれらの情報にふりまわされがちな自分を何とかしたいと常々感じていました。今日、体感会に参加させていただき、お話をうかがえただけなのに、心が少し軽くなりました。(C.M様)

味が濃く、食べごたえがあり、どんどん食べ進めてしまった。
料理が単調でなく、家族も喜んで食べそうだと思った。
心穏やかに生活したい。信子さんの過去の考えが今の自分に重なることが多く、ポーンとワープしたいと思った。
(M.T様)

これまで参加していただいた方全員に「美味しい!!」と感動していただいています^^

百聞は一食に如かず

まずはお気軽に食べにいらしてくださいね♪


つぶつぶ料理体感会
11月22日(火)@雫石会場 ①10:30~
11月23日(水祝)@盛岡・アイーナ会場 ①10:30~②13:30~

つぶつぶスイーツ体感会
12月3日(土)@盛岡アイーナ ①10:00~②12:30~③15:00~ 
12月10日(土)@秋田横手かまくら館 ①10:30~②13:30~




 土台から丸ごと入れ替えたい方はコチラ↓

・。・。・。・。・。・。・。


11月20日(日) 開催決定!お申し込み受付中
12月18日(日) 開催決定!お申し込み受付中
12月19日(月) 平日初開催!お申し込み受付中

10:00~19:30(ランチ・ディナー付き)
コチラからお申込みください。
・。・。・。・。・。・。・。

初開催!未来食セミナーScene2(雫石会場)
2017年3月18日(土)~19日(日)
お申し込みはコチラから





***************************

セミナー・料理教室には、盛岡市、花巻市、北上市、奥州市、遠野市、八幡平市、二戸市、滝沢市、宮古市、金ヶ崎町、雫石町、紫波町、葛巻町、岩泉町、平泉町、宮城県仙台市、宮城県大崎市、青森県青森市、秋田県秋田市、大仙市、横手市、仙北市、湯沢市、福島県福島市、北海道札幌市、函館市からもお越しいただいています。

***************************
盛岡でもつぶつぶ料理が習えます!

つぶつぶマザー佐々木眞知子さんのつぶつぶ料理教室at盛岡はコチラ→http://ameblo.jp/tubutubu-zakkoku-kogawa/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずはここから
クラスのご予約はコチラから
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶつぶラジオ開局!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)

Author:つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)
穀物と野菜が主役のおいしいベジタリアン料理・未来食つぶつぶをお伝えしています。

つぶつぶの食を実践して13年余。苦手だった料理が大好きになり、おいしく食べ続けていただけで、心も体もスッキリ晴れやかになりました。

食と意識の力で、流産や帝王切開のつらい経験を乗り越え、第4子は感動の自宅プライベート出産。

雫石町に無垢の木と自然素材で建てた自宅兼アトリエでセミナーや料理教室を開催しています。

是非一度遊びにいらしてくださいね!

つぶつぶマザー
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示