楽ちん!つぶつぶ子育て

フォローアップ講座、4名の参加をいただき、
楽しく終了しました♪ありがとうございました。

メールやお電話でお話を伺った方も含め、
セミナー受講者の皆さんから異口同音に聞くのが
「楽になりました~」という感想です。

「ご飯とお味噌汁でいいと分かって楽になった」
「魚を食べなくていいと知って楽になった」
「赤ちゃんも大人と同じものを食べさせればいいので楽ちん」

そうなんです。
つぶつぶを知ると、どんどん楽に生きられるようになります。

子育てもしかり。

つぶつぶ子育ては楽チン子育てです。
3人の子どもをつぶつぶで育てている実感です。

〇お母さんがつぶつぶを食べていると、母乳も順調で、3~4か月で母乳の量も落ち着いてくると、吸われた分だけ湧くようにでてきます。動物性のものや砂糖を摂らないので、詰まることもなく、母乳の質もよいようで、私の場合、噛まれることもありませんでした。

〇つぶつぶを食べていると、なんと、布オムツも楽チンです。ウンチもサラッとしていて、オムツにねっとりこびりつくことがなく、洗うのが楽だからです。

〇離乳食も特別に作る必要がありません。食卓にあるものは全て赤ちゃんが食べても大丈夫なものばかりなので、5~6か月ごろ、赤ちゃんが食べたそうに手を伸ばしたりよだれを垂らして見ていたら、食べられそうなもの、食べたそうなものを少しずつあげればOKです。小さなおにぎりを作って持たせてあげると喜んで食べます。また、赤ちゃんには塩分も必要なので、特別薄味にすることはありません。漬物や煮物は大好き。つぶつぶスープはそのまま離乳食にもなります。

〇つぶつぶっ子は体も丈夫で健康です。風邪などちょっとした病気にかかっても、慌てて病院に連れて行くこともなく、台所にあるもので手当てや食養生をしながら安心して経過を見ることができます。普段からよく食べて体力もあるので、水分の補給さえ気をつければ、数日食べなくても大丈夫。

〇お母さんが料理好きだと、子どもたちも料理や食べることが大好きです。ごはんの支度をしているお母さんの傍らで、台所が子どもたちの遊び場になります。1歳半位になれば包丁をもつこともでき、キュウリを乱切りにして塩もみすれば、立派に一品できあがりです。一時期台所がびしょ濡れになったり野菜くずで散らかったりするのを忍耐(涙)で目をつぶれば、3歳半位になると頼もしい助っ人に成長します。

このほかにも、つぶつぶ子育てのコツとメリットは沢山。

講座や料理教室でお伝えしていきたいと思っていますので、お楽しみに!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずはここから
クラスのご予約はコチラから
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶつぶラジオ開局!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)

Author:つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)
穀物と野菜が主役のおいしいベジタリアン料理・未来食つぶつぶをお伝えしています。

つぶつぶの食を実践して13年余。苦手だった料理が大好きになり、おいしく食べ続けていただけで、心も体もスッキリ晴れやかになりました。

食と意識の力で、流産や帝王切開のつらい経験を乗り越え、第4子は感動の自宅プライベート出産。

雫石町に無垢の木と自然素材で建てた自宅兼アトリエでセミナーや料理教室を開催しています。

是非一度遊びにいらしてくださいね!

つぶつぶマザー
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示