ほんとうの私が目覚めはじめたとき

【早割受付中!】未来食つぶつぶ創始者つぶつぶグランマゆみこが岩手に来ます!
つぶつぶグランマゆみこ講演会【盛岡会場】
日時:12月6日(日)14:00~16:30(13:30open)
会場:アイーナ(いわて県民情報交流センター8階)
参加費:3,500(11月29日までの早割料金。以降当日までは4,000円)

お申し込みは今すぐコチラから!

関連記事 ☆1 ☆2協力店様リスト更新中!

料理教室のご予約は→つぶつぶ料理教室 岩手いのちのアトリエつばさレッスン一覧


こんにちは!

食からはじまる静かで美しい革命
未来食セミナーScene1講師
つぶつぶマザー伊藤信子です。

「わたしらしく生きたい」

そんな気持ちが溢れだしたのは、11年前のこと。
長男を産んで、育休に入り、つぶつぶ三昧の毎日を始めて1年ほど経ったときのことでした。

その2年ほど前に未来食セミナーを受講し、ちょうど、初めての妊娠と流産が重なって、食のこと、体のこと、自分の内面を見つめ直す契機とはなったのですが、

町役場の職員として忙しく仕事をしていたり、お付き合いもあったりして、100%つぶつぶの食事に切り替えていたわけではありませんでした。

今振り返ってみると、食や体への理解も信頼も不十分だったと思います。

それに加えて、流産から約1年後、折角赤ちゃんを授かったのに、自分のカラダやお腹の赤ちゃんに気持ちを向けるよりも、パソコンに向かって仕事に向かう事の方が多く、カラダは冷え、頭も子宮もコチコチだったに違いありません。

産休に入ったと喜んで,体の声も赤ちゃんの声も聞かずにせっせと歩いていたら、むくみと血圧が急上昇。ほどなく大きな病院へ転院、安静を指示されました。

予定日近くになって破水して入院、その数日後にようやく陣痛がきたものの、お産がなかなか進まず、痛いし、眠いし、不安な気持ちが大きくなるばかり。結局、2日半後に緊急帝王切開となりました。

赤ちゃんが産まれて嬉しいはずなのに、お腹を切ってしまった、取り返しのつかないことをしてしまった、次の出産はどうなるのだろうか、そんな思いがグルグル巡って、涙が溢れてくる・・・そんな第一子の産後でした。

そして、その時思ったのです。あんなに残業して仕事して、それがたたって私がお腹を切ったって(本当の原因はそれではないと今は思いますが)、誰も(例えば職場の上司とか)責任は取ってくれない。だったら、誰に何と思われようと、自分の好きに生きよう、と。

それでも、長男が1歳になるころまでは、真面目に職場復帰を考えていました。次に担当するプロジェクトも知らされていたので、資料に目を通して勉強したり、仕事の進め方のプランを描いたりしていました。でも、保育園の下見に行ったり、保育ママさんを訪ねたりするうちに、私は本当に職場復帰したいのだろうか?という疑問をごまかせなくなっていきました。

不本意な帝王切開で今度こそ心底反省した私は、育児休業で時間ができ、毎日、レシピ本を開いては、片っ端からつぶつぶ料理を作って食べているうちに、美味しいし、楽しいし、心も体もグングン元気になっていました。でも、変化はそれだけではありませんでした。様々なしがらみから自由になって、どんなに小さくても、自由に、自分の能力をのびのび発揮できることに取り組みたい、という気持ちがムクムクと湧いてきたのです。

地域から世界を変えたいと、役場での仕事にはやりがいもありました。その反面、土に触れる暮らしがしたいと山村に移り住んだものの、いつしかパソコンとにらめっこの日々。様々な制約や男性中心の組織で仕事をするストレスも大きく、それが私の心や体を蝕んでいたことに気づきました。

役場の仕事を辞め、今は子どもと一緒に楽しみながらできることに取り組もう。そう決めたら、やりたいことがどんどん出てきて、“親子わらべ歌”や“森のようちえん”など、賛同してくれる仲間と一緒に取り組みました。そして、アレルギーの子を持つママ友の悩みを聞いているうちに思い立ったのが“つぶつぶおやつクラス”でした。当時は子育てサークルの延長線上のような活動でしたが、1歳の長男をおんぶして、ドキドキの料理教室デビューでした。

以来、ほんとうの私の目覚めは、今もまだ続いています。

*****************
伊藤家の食卓☆

9回鍋肉風_R

メニューは家にあるもので決まることが多いです^^今日は、キャベツと板麩の肉なし回鍋肉、マッシュポテトとブロッコリーのサラダ、汁物はヒエと白菜のスープ♪

6あみ_R

あみも撮って~というので、ドアップを1枚*^^*



食からはじまる静かで美しい革命

未来食セミナーScene1 岩手雫石での次回の開催は11/21(土)です。


詳細はコチラから↓


お申し込みはコチラから

★☆★大事なお知らせ★☆★
砂糖断ち応援キャンペーンは年内で終了となります。
既に東京・早稲田でのScene2は全て満席のため、キャンペーン適用となるためには、来年1月の青森・十和田でのScene2に年内にお申し込みの方のみとなります。十和田会場は定員が少ないため、ご希望の方は早めのお申し込みをお勧めいたします!



***************************

セミナー・料理教室には、盛岡市、花巻市、北上市、奥州市、遠野市、八幡平市、二戸市、滝沢市、金ヶ崎町、雫石町、紫波町、葛巻町、岩泉町、平泉町、宮城県仙台市、青森県青森市、秋田県大仙市、秋田県横手市、秋田県仙北市、秋田県湯沢市、福島県福島市、北海道札幌市からもお越しいただいています。

***************************
盛岡でもつぶつぶ料理が習えます!
つぶつぶマザー佐々木眞知子さんのつぶつぶ料理教室at盛岡はコチラ→http://ameblo.jp/tubutubu-zakkoku-kogawa/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずはここから
クラスのご予約はコチラから
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶつぶラジオ開局!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)

Author:つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)
穀物と野菜が主役のおいしいベジタリアン料理・未来食つぶつぶをお伝えしています。

つぶつぶの食を実践して13年余。苦手だった料理が大好きになり、おいしく食べ続けていただけで、心も体もスッキリ晴れやかになりました。

食と意識の力で、流産や帝王切開のつらい経験を乗り越え、第4子は感動の自宅プライベート出産。

雫石町に無垢の木と自然素材で建てた自宅兼アトリエでセミナーや料理教室を開催しています。

是非一度遊びにいらしてくださいね!

つぶつぶマザー
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示