つぶつぶ流放射能対策

大震災に伴う原発事故により、放射能への社会的不安が高まっています。

まず、不安、恐怖、動揺といったネガティヴな感情が一番身体にとって害になるので、自分にも子どもたちにも「大丈夫」と言い続けています。愛と感謝の気持ちを持ちづづけることも大事です。そして、つぶつぶの食生活を実践していると、放射能にも対策が取れることが分かってきました。

1.放射能には味噌と海藻!
海藻入りの濃い味噌汁をいただきます。味噌には放射性物質を吸着し排泄する働きや放射能で傷ついた小腸粘膜を再生する働きがあります*1。海のミネラルと葉緑素を含んだコンブ、ワカメ、フノリなどの海藻は強い浄化力を持っています*2。

2.良質の塩分と発酵食品を摂る
伝統海塩「海の精」など、海のミネラルを含んだ本物の塩、そして、その塩を使って作られた梅干や漬物を常食します。少し専門的になりますが、「陰・陽」の観点から見ると、放射性物質は「極陰性」です。陽アルカリの塩分をしっかり摂り、さらに微生物たっぷりで腸の働きを活性化させてくれる発酵食品=漬物や味噌を食べることが大切です。

もちろん、つぶつぶの食生活、つまり、精白しすぎない穀物(玄米、分搗き米、雑穀入り白米ごはん)を主食として8割摂り、良質の調味料を使って野菜や乾物を料理していただくことが基本です。陰性の砂糖や酸性の動物性食品を避けることにも気をつけます。

つぶつぶを食べていると、放射性物質を排出しやすい身体づくり、放射能で傷ついた身体を再生する力、そして、何より大切なことは、どんな時も前向きな心を保つことができるようになることを、身をもって感じています。

*1 『味噌がおいしい。』日本食用塩研究会制作 未来食アトリエ・風 編著 (メタ・ブレーン)
*2 『未来食』大谷ゆみこ著 (メタ・ブレーン)
その他、つぶつぶのサイト http://www.tsubutsubu.jp/ を参考にしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずはここから
クラスのご予約はコチラから
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶつぶラジオ開局!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)

Author:つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)
穀物と野菜が主役のおいしいベジタリアン料理・未来食つぶつぶをお伝えしています。

つぶつぶの食を実践して13年余。苦手だった料理が大好きになり、おいしく食べ続けていただけで、心も体もスッキリ晴れやかになりました。

食と意識の力で、流産や帝王切開のつらい経験を乗り越え、第4子は感動の自宅プライベート出産。

雫石町に無垢の木と自然素材で建てた自宅兼アトリエでセミナーや料理教室を開催しています。

是非一度遊びにいらしてくださいね!

つぶつぶマザー
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示