小さいけれど大きな一歩

こんにちは!

一日であなたの食スタイルが変わる!

そして、命と世界の本質を見抜く

感性を開くセミナー

未来食セミナーScene1の公認講師

つぶつぶマザーいとうのぶこです。

今日の昼ごはんは、23日の『ごはんの力』体感講座の試作を兼ねて、もちキビコーンのカルボナーラ♪

20カルボナーラ_convert_20140921191642

講座のときは“もちキビコーンのグラタン”でお出しします☆

20あみパスタ_convert_20140921191539

あ、早速食べている人が・・・^^;

さて、今日は料理の話ではなく、9歳の長男の話です。

彼は小学校へは行かず、毎日自宅で過ごすホームスクーリングをしています。

幼稚園も入れてはみたものの、激しく抵抗。慣れるまでということで、当時2歳の下の娘を連れて同伴通園も試みましたが、母親の方がギブアップ。「お友達と楽しく遊んでくれたらいいな、というのも親のエゴかもしれない」と思い、本人が「行きたい」というまで待つことにして退園しました。

その後、私がオルタナティブ教育・フリースクール設立を目指して活動をしていたことも影響してか、小学校も就学前健診から「行かない」と意思は固く、(一応、どんなところか一緒に行ってみようか、と何度か誘ったのですが)、私たちも、積極的に行かせたい理由が無かったので、ずっと自宅で過ごしてきました。

ちなみに、7歳の長女は、幼稚園にも小学校にも自分から「行きたい」と言って通っています。

生まれたばかりの赤ちゃんがおっぱいを飲んだり、やがて時期が来れば寝返りやハイハイ、そして立って歩きはじめるように、特に教え込まなくても本当に必要なことは自分で獲得していく、と考えているので、学校のカリキュラムのように、親が勉強を教える、ということはしていません。何か聞かれたときにその都度教えたり、興味のありそうなことを勧めてみたり、ということをしています。

また、「勉強」という概念自体、一般的には「国語」や「算数」etcと捉えられていることが多いですが、もっと広く、遊びや暮らしも含めて、起こること全てが「学び」だと思っています。

今、学年で言えば4年生ですが、文字は自然に覚え、本やマンガを読んでいます。書くのはちょっと苦手みたいですが^^;

計算は、料理の手伝いなど暮らしの中で自然に身に付けたようです。「問題出して~」と言われて、本屋さんで計算ドリルを買い、やりたいときに取り組んでいたこともあります。

プラモデルみたいな細かい作業に集中して取り組むのが好きです。家の壁塗りも大人顔負けな位、ハマっていました。普段家ではゴロゴロしていますが、夫の実家や知り合いの田んぼの手伝いに行くと、真剣に働いています。

友達と遊ぶのは好きで、盛岡の住宅地に住んでいた頃は、下校してきた同じくらいの年の子どもたちと一緒になって遊んでいました。

震災以来、ラジオを聴くのが日課で、最近はおばあちゃんからプレゼントの「小学生新聞」も毎朝読んでいるので、時事問題には(テレビも新聞も見ない)私たちより詳しい位です。妹との会話を聞いていると、「いつの間にそんなこと知ったの!?」と驚くこともあります。

普段は、薪割りをしたり、パソコンでゲームをしたり、マンガや本を読んだり、外でボール投げやサッカーをしたり・・・それでもエネルギーを持て余し気味だったのですが、

最近、大きな変化がありました。

地域のスポーツ少年団の野球チームに入ったのです。

長男がいつも庭でボール投げをしているのを見て、隣の家の方が「近くの野球チームで団員募集してるよ」と教えてくれました。本人も「やってみたい!」と言うので、体育協会に電話して、町内の少年野球チームを教えてもらい、一番近くのチームに入ることになったのです。

「幼稚園にも学校にも行ってないので、世間知らずなところや幼い部分もあると思いますが、どうぞよろしくお願いします。気が付いたことがあったら何でも言ってください」と監督さんや他の父兄の方にも説明し、温かく迎えていただきました。

今、2週間ぐらいになるでしょうか。とても楽しそうに通っています*^^*

もともと、全く心配はしていないのです。ただ、社会との接点をどういう風にもっていくのかな、人間関係をどんな風に学ぶのかな、とは思っていたので、ちゃんとそういう機会が巡ってくるものなんだな、他の子と比べるとゆっくりかもしれないけれど、家族から離れて1人で社会に出ていく第一歩が踏み出せたのかな、それも、自分で「今なら大丈夫」と準備が整ったのを感じて行けたのかな、と思って見ています。

思えば、これまでも、突然あるとき「一人でおばあちゃんちに泊まる」と言い出したり、シャイで挨拶もできなかったのが、いつの間にかできるようになっていたり、受け答えもしっかりしていたり・・・

まだまだこれから沢山色んなことがあると思うのですが、きっと本人のタイミングとやり方でちゃんと成長していくんだろうな、と今回改めて思いました。

そして、そのタイミングと必要な手助けを見極めて導くのが親の役割なんだろうと感じました。

こんな風に、安心、信頼の気持ちで子供の成長を見守れるのは、つぶつぶの実践を通じていのちの仕組みへの理解と信頼があるから。また、天女の学びを通じて、この世界に全託の信頼があるからだと思います。

子どもがずっと家にいることで、大変に感じる時もあるし、学校に行かない理由はそれぞれだと思うけれど、もし不安に感じている方がいたら、「きっと大丈夫!」ってお伝えしたいな、と思います。

食を変えたい!
自分の体、いのちの仕組みを知り、
自分を取り巻く世界、宇宙の仕組みを知り、
不安や恐れを手放して
感謝と信頼の気持ちで生きたい!というあなた、

ぜひ未来食セミナーScene1にいらしてください。

食を変える実践的な理論と技術だけでなく、
生き方全般に繋がる心と技をお伝えします。




岩手・雫石会場は次回9月28日(日)開催です
お申込みはコチラから。

ドーナツが食べたい~というので、おやつにもちアワドーナツ♪

15ドーナツづくり_convert_20140918061142

成形もみんなでやるとあっという間☆
(炊き立てのもちアワよりも、あらかじめ炊いておいたものを、保温ジャーのご飯の上にのせて温めて使う方が扱いやすくて、私はそうすることが多いです。)

15おやつタイム_convert_20140918061008

いただきま~す^^/(末っ子は背中でお昼寝中*^^*)

・・・・人気急上昇中! つぶつぶインターネットラジオ ・・・・・・・・・・

目覚めて生きたい女性に贈るつぶつぶインターネットラジオ
「あたらしい私になる!」
毎週土曜日、Podcast&Youtubeにて無料配信中!
Podcast > https://itunes.apple.com/jp/podcast/id888557579
Youtube > https://www.youtube.com/user/tubutubuoffice

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずはここから
クラスのご予約はコチラから
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶつぶラジオ開局!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)

Author:つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)
穀物と野菜が主役のおいしいベジタリアン料理・未来食つぶつぶをお伝えしています。

つぶつぶの食を実践して13年余。苦手だった料理が大好きになり、おいしく食べ続けていただけで、心も体もスッキリ晴れやかになりました。

食と意識の力で、流産や帝王切開のつらい経験を乗り越え、第4子は感動の自宅プライベート出産。

雫石町に無垢の木と自然素材で建てた自宅兼アトリエでセミナーや料理教室を開催しています。

是非一度遊びにいらしてくださいね!

つぶつぶマザー
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示