夏本番の前に・・・脱☆砂糖中毒キャンペーン♪

・・*☆・☆*・・*☆・☆*・・*☆・☆*・・*☆・☆*・・
~カラダとココロにおいしいつぶつぶ雑穀料理~
食べるレッスン! つぶつぶ体験ランチ会 
~クッキングDVD鑑賞つき♪~
・・*☆・☆*・・*☆・☆*・・*☆・☆*・・*☆・☆*・・
第2回 6月24日(火)、25日(水)満席、26日(木) 粒そばソーセージ♪
第3回 7月15日(火)、16日(水)、17日(木) ヒエの蒲焼♪
時 間:11:30~13:30頃
詳しくはコチラをごらんください
・・*☆・☆*・・*☆・☆*・・*☆・☆*・・*☆・☆*・・


こんにちは!

おいしい手料理で世界を変える!

そして、あなたの「あたらしい私になる!」をサポートする

つぶつぶマザーいとうのぶこです。

今日は、「どうしても砂糖がやめられない」
という方に、耳寄りの情報です♪

只今、つぶつぶでは脱砂糖中毒キャンペーン中!

7月12~13日(土・日)に開催する
未来食セミナーScene2をお申込の方に限り、
つぶつぶの会員年会費(10,000円)が無料になります!

未来食セミナーScene2からは会員登録が必須となるので、
実質10,000円引きという太っ腹企画です♪

夏バテの、大きな原因が実は「砂糖」。
でも、なかなかやめられないのが砂糖たっぷりのスイーツ・・・

未来食セミナーScene2で
メープルシロップや甜菜糖も使わない
でも、深みやコクがあって満足度も高い甘さの
つぶつぶミラクルスイーツをマスターして、
砂糖中毒から脱出しましょう!

まだ未来食セミナーScene1を受講されていない方は、
岩手雫石会場の6月22日(日)・7月6日(日)に
Scene1を受講すれば、こちらのキャンペーンを適用できます。


未来食セミナーScene1のお申し込みはコチラから

本当に砂糖がやめられるの???
そう思った方は、是非、つぶつぶマザー更田恵子さん
つぶつぶストーリーを読んでみてくださいね!

もちろん、我が家も10年以上シュガーフリーな毎日です♪

=========================
信じられないほど幸せな砂糖中毒からの脱出記

あたらしい私!がここにいる

つぶつぶマザー更田恵子のつぶつぶストーリー(3/3)
=========================

私は今、つぶつぶマザーとして活動することができて、
本当に幸せです。

一人でも多くの人につぶつぶを知ってもらいたい。
つぶつぶの心と技で、身体を調え、心を調えれば、
今の生活を何十倍も楽しめることを伝えたい。
心から、そう思っています。

それは、つぶつぶに対して半信半疑だった私が、
思い切って飛び込んだ結果、
たくさんのミラクルが自分自身に起きたからこそ、
自信を持って言えるのです。

昨日書いたように、私が最初に受けたセミナーは、
ミラクルスイーツセミナー(現:未来食セミナーScene2)でした。

以前の私は、何を隠そう、泣く子も黙る(!?)超甘党。
甘いもの無しでは生きられない、
逆に、甘いものがあれば食事がなくても平気という筋金入りでした。

飴を袋で買ってきて、ガリガリ10分ぐらいで
平らげてしまうこともあたりまえ。
生チョコが流行り出した時は、
分厚い200円の板チョコを2枚一気に食べても、
もの食べたりないぐらいでした。
何かしら理由を付けては、
アイスクリーム3段重ねを、
友だちとよく賭けてみたり。

10円入れてガムの出てくるおもちゃまで買ってきて、
ガチャガチャガチャガチャ、
着色料だらけのガムをひと袋、ふた袋、
憑かれたようにかんでいました。

異常でした。
でも、やめられませんでした。
砂糖中毒だったと思います。

お菓子作りは、子どもの頃からの趣味であり
特技でもありました。

はじめて自分で作ったおやつはチョコバナナ!
小学校1年か2年の頃だったと思います。
溶かしたチョコレートをバナナにかけ、
おねだりして買ってもらった
カラフルなスプレーチョコで飾り付けして。。。
心を躍らせた日のこと、今もはっきり覚えています。

4年生でパンも焼くようになりました。

6年生の謝恩会の演目は、3分間クッキング。
最後に出来上がった苺とチョコの2種類のロールケーキを、
先生にプレゼントする演出付きでした。

毎日のように作るので、だんだんと腕も上がってきました。
生クリームでデコレーションしたふわふわケーキや
甘~いババロアなどを作るのが大好き。
上手にできると家族が喜んでくれるのがまた嬉しくて、
本当によく作ったものでした。

そんな私に転機が訪れます。

あれは大学3年生の頃。
経済学の授業で、それまで考えても見なかった現実を
教えられたのです。

私が嬉々として作っていたスイーツが、
みんなの健康を蝕むものであること。
さらには地球をいじめているということを。

それを知った時は本当にショックでした。

みんなを笑顔にするスイーツ。
あの色、あの香り、あの感触。

スイーツが持つ、その場を和やかにする不思議な力で、
みんなをハッピーにしたい!
そう思ってせっせと寝る暇も惜しんで作っていた自分が、
どうしようもなく愚かに思えました。

実はみんなを不幸にしていたのか。
落ち込みました。

そして、あんなに大好きだったスイーツ作りを、
封印してしまいました。

代わりに、いわゆる「健康食」や「自然食」について
調べ始めました。
そして、片っ端から実践を続けました。
確かに、やってみると、健康になったように感じました。

でも、意固地になって周囲の反発を受けて孤立したり、
私自身も「おいしさ」や「楽しさ」という点では
なかなか満足が得られませんでした。

結局、試しては飽きて、試しては飽きて、の繰り返しで、
いろいろジプシーする日々でした。

一方、お菓子作りはやめられても、
自分がお菓子を食べることはやめられませんでした。

デザートを食べるために、
ごはんを抜くこともしょっちゅう。

レストランでも、ごはんは半分か無しでお願いして、
代わりにアイスクリームを注文していました。

西洋栄養学をかじり、
カロリーとかビタミンの類が気になり出して、
ノンカロリーや低カロリーのドリンクやスイーツを、
コンビニで買っては飲み食いしていました。

健康や食の安全を学び始め、理性では、
砂糖や添加物も悪いとわかっているのに、
やめられませんでした。

この私に限って、甘いものだけはやめられるはずがない。

半ば開き直っていました。

実は、セミナーに通い出してからの数ヶ月も、
いつもの習慣で、職場にはチョコの入った箱菓子を常備。
休み時間になるとつまんでいました。

でも、つぶつぶグランマゆみこの、
「自分の家を、つぶつぶのスイーツでお菓子の家にしてしまえばいいのよ~!」
のひと言を思い出し、せっせとつぶつぶスイーツを作り始めました。

そして、食べる食べる食べる食べる。
一単位を、たいてい一人でぺろっと平らげていました。

同時に、普段の食事も、
シンプルなつぶつぶ食に切り替えていきました。
ごはん抜きの生活から、
ごはん、ごはん、ごはんを楽しむ毎日へ……

はじめは、いくらつぶつぶとは言え、
スイーツを食べ過ぎていたと思います。

でも、そうこうするうちに、自然と、
市販の箱菓子に手を出さなくなり、やがて、
つぶつぶスイーツの量も減っていったのです。

つぶつぶの食生活に切り替わったら、超甘党から、
「砂糖のいらない、かる~い甘党(笑)」
に変わっていきました。
これは、本当に奇跡のような事実でした。

なによりうれしかったのは、つぶつぶスイーツは、
砂糖や動物性をいっさい使わない、
身体も地球も喜ぶスイーツたち。

だから、堂々と作って人にもプレゼントできることでした。

私の趣味、「お菓子作り」の封印が、
正々堂々と解かれたのです。

つぶつぶのスイーツも、料理同様、
基本はとってもシンプル。
でも、凝ったものだって楽しめます。

またパティシエ魂が目覚めてきて、週末は、
ゴージャスなスイーツ作りも楽しんでいます。

砂糖からの脱却をはじめ、
つぶつぶによって私の食生活が調うと、
身体だけではなく、私の心の状態も
変わってきたように思います。

===続きはコチラから===


ハトムギカレー_convert_20140612010758

ハトムギとひよこ豆のカレー↑↑↑
暑くなってきたので、やっぱりカレーが食べたくなります。
突然思い立って作ったので、ピーマンが入ってないのですが、
とっても満足でした(^0^)/
ハトムギは、美容にも効果がある雑穀なんですよ♡

つぶつぶカレーパーティ&お泊まり会は8月9日(土)の予定です。
詳細は、後日UPします♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずはここから
クラスのご予約はコチラから
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶつぶラジオ開局!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)

Author:つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)
穀物と野菜が主役のおいしいベジタリアン料理・未来食つぶつぶをお伝えしています。

つぶつぶの食を実践して13年余。苦手だった料理が大好きになり、おいしく食べ続けていただけで、心も体もスッキリ晴れやかになりました。

食と意識の力で、流産や帝王切開のつらい経験を乗り越え、第4子は感動の自宅プライベート出産。

雫石町に無垢の木と自然素材で建てた自宅兼アトリエでセミナーや料理教室を開催しています。

是非一度遊びにいらしてくださいね!

つぶつぶマザー
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示