手放す子育て、そして創造の歌が響く家庭を世界中に創ることを目指して♪

こんにちは!つぶつぶマザーいとうのぶこです

前回前々回に引き続き、つぶつぶミュージックマザー神門佳代さん
「あたらしい私!がここにいる」つぶつぶストーリー最終話です。

今回、21日(祝・金)岩手・雫石で開催される子育てセミナー(未来創造セミナー)
に駆けつけてくれるつぶつぶマザー仲間、佳代さんのつぶつぶストーリーを紹介したのは、

子育てセミナー(未来創造セミナー)に込められた思い(の一部)を伝えたいから、

そして、手放す子育てとそれを学び実践することで自分の輝きを取り戻した佳代さんの体験が
きっと沢山のお母さんの役に立つと思ったからです。

これを読んで、響いた方、
つぶつぶグランマゆみこから子育てセミナーを受け取りたいと思った方、
そして、つぶつぶ楽ちん子育を実践するつぶつぶマザー達に会いたい!と思った方、
是非、21日(祝・金)のセミナーにいらしてくださいね。

居ながらにして森林浴、木の香漂う癒し空間・岩手いのちのアトリエつばさを会場に
アットホームな、贅沢なセミナーになると思うので、すごく楽しみです!
定員が少なめなので、お申込はコチラからお早めにどうぞ☆

それでは、佳代さんのストーリーです↓↓↓

私中心の意識と生き方が、夫と子どもをイキイキ元気に!/ 神門佳代(3/3)

つぶつぶに出会って1年がすぎたころ、
私はつぶつぶマザーになることを決めました。

私がこうなったらいいなと思い描く世界は、
つぶつぶを実践する家族が増えればきっと実現する!
だから一人でも多くの人につぶつぶを伝えたいと思ったからです。
わたしが変われば世界が変わる。
世界を変える第一歩はわたしが変わる事。

熱い情熱と強い信念を持ってスタートしたつぶつぶマザー養成セミナー。

そこで学ぶたびに私はさらにぐんぐんと変わっていきました。
私が変わると夫もいてもたってもいられなくなるようで、
突然、「独立する」と言い出しました。

移住した先で、彼は天然酵母のパン職人として働いていました。
自然食を出している店でした。
同じ自然食だけど、なにか違う。つぶつぶのお店を出したい。
という思いをおさえきれなくなったようでした。

ならば独立と準備をはじめようとしたとき、ゆみこから
「少しこちらで運営の勉強してからにしてみては」
と声がかかりました。
今思えば、まだまだ歌になっていない私に
練習の期間を与えてくれたのです。

二つ返事で受け、
夫は一足先に東京に行き、ボナ!つぶつぶで働き始めました。
後を追って私と2人の子どもも東京へ引っ越しました。

私はつぶつぶカフェで働き始めました。

私たちの最初の課題は、悪口や不平不満を言わないことでした。
無意識に夫婦で職場の悪いところばかり、
毎日起こる問題に憤ることばかりを続けていたのです。

乳がんの原因はこれでした。夫の体も結構バランスを崩していました。
夫は、真剣にこの課題に取り組み、出会った頃の軽やかで楽しい彼が
ここにいます。

私たちの最大の難関は子育ての古い先入観から
自由になることでした。

フルタイムの仕事。遅くなる事もしばしば。
子どもとの時間は少なくなっていきました。

子どものそばにいてやらなくては。という思い。
でも仕事が気になって、子どものそばにいてもイライラ。

次第に子育ても仕事も中途半端になっていきました。
そんな私を見かねて、池田総店長より
「一年間、子育てはすべて裕司(夫)にまかせて、
カフェの仕事に集中してください」という
アドバイスがありました。

入学式も、卒園式も母親が出ないなんてありえない!
参観日にも行けないなんてかわいそう!
私がずっとそばにいてやって、私が育てたい。
と思いました。

子どものご飯は誰が作るの?
世話は誰がするの?
宿題は?明日の準備は?

私と子どもとの関係は、世話をする人・される人の関係でした。
親子というのはそういうものだと思っていました。

しかし、それは全くの勘違いと思い込みでした。

子どもに対する執着を一切手放すまでには時間がかかりました。

でも、手放すと決めて、なんとかなる!と信じて、
私は子育てを一切せず、カフェの仕事に没頭することにしました。

そこまで言われなければ手放せないほどの執着を
私は子どもに対して持っていたのです。

しばらくして、同じビルの下の階に住んでいる池田総店長夫妻から
素敵な提案がありました。

「亜未ちゃんと未央ちゃん、
うちで一緒にご飯を作って食べたらいいんじゃない?」

喜んでその提案にのり、さっそく我が家の娘達は、
元つぶつぶカフェ店長の美保さんに料理を教えてもらい、
池田家で毎日の夕食をとらせてもらうようになりました。

わずか3ヶ月で2人とも料理ができるようになり、
小4の長女はかねてからの希望だった未来食セミナーScene1を
受講しました。

それからは、次女と2人で一通りの料理が作れるようになり、
池田家を卒業するときがきました。

次の日からは子ども達だけでご飯を作って、
お母さんの帰りを待ちます。

料理の腕は日に日に上達しています。
ご飯を作る事ができれば、まずは心配する事はありません。

そうして2人でご飯を作れるようになり、
留守番も2人でできるようになりました。

私以上に世話型だった夫も
きっぱりとした親に変貌しました。

2人でいろんなことができるようになった子ども達は、
つぶつぶの会員さんのところのイベントに電車に乗って参加して、
一晩泊まって帰って来たりします。

美保さんの長野の実家に一緒に連れて行ってもらって
何日か過ごして帰ったり。
私が1人で育てるよりも何倍も刺激的で、
経験値がアップする子育てです。
みんなに育ててもらっています。

子どもを手放し、宇宙の愛とみなさんの愛に包まれて
子ども達がすくすくと育つ中、私もまた、
音楽とともに成長していきました。

ゆみこと一緒にセミナーで歌のナビゲートをしたり、
ステージに立ったり、CDを出したりしているうちに、
自分の中に眠らせていた音楽の才能がどんどん開花していきました。

私が小さい頃からずっと音楽を続けて来たのは、
つぶつぶ天女の学びを伝えるためだった!と
確信しました。

ゆみこは、自信がないとはけっして言いません。
どんな状態であれ、やると決め、まずはやってみます。

「やらないと変わらないでしょう。
上手になってからやりますじゃ、いつになってもできないでしょう。
上手になってからって、いつ?」

そう言われて、はっとしました。

もっと上手になってから、と高い理想を勝手に妄想して、
今の自分を認めず、いつまでたっても同じところに居続けていては、
成長も変化もないことが分かりました。

最初はちょっと勇気がいるけど、一度やってみると、
案外できて、とても気持ちがいいのです。
次のステップの課題も見えて、また次への希望がでてきます。

ゆみこの「やる」と決めた事を実行していくときの努力も相当です。
努力というより、心から楽しんで取り組んでいるという感じです。
「音がとれたから、次はリズムを取りたい。この曲を一曲正確に歌いたい。」
と目標を設定して、それに向かって練習します。

私も一緒に練習していて、練習そのものを楽しむことを覚えました。

練習を苦しいもの、つらいものと思ってしまえば、怠惰な心がでてきますが、
楽しいもの、嬉しいものと思えば続きます。
それは仕事も一緒でした。

私は今、9歳と7歳の2人の子の母です。
まさに子育て真最中。

そして、つぶつぶカフェのシェフとしてフルタイムで働きながら、
つぶつぶミュージックマザーとしての活動もしています。

子育てをしながら、こんなにイキイキ、キラキラした毎日が送れるなんて。
母でありながら、1人の人間として、最高の私を生きる。
こんな毎日を過ごすことができる今は、本当に幸せです。

つぶつぶに出会えてよかった。

9才の娘は、未来食セミナーScene2を受けるべく
つぶつぶ広め隊のつぶマネーをせっせと貯めています。

これから子ども達がどんなふうに育っていくのか、
そして自分がどんな風に成長していくのか
わくわく楽しみです。

私のつぶつぶカフェプロジェクトも、
どんどんアイディアがわいて楽しくてやりたくてという状態です。
ミュージックマザーとしての仕事も驚きのスピードで夢が実現して、
次なる夢、楽ちん子育てセミナーで全国をゆみこと回れることになりました。

舞台で発表するために歌を練習するのではなく
日常に歌がある暮らし、

それがゆみこを通して開かれる世界だと気づきました。

ゆみこのプロセスに立ち会った私は、どんな人も歌えるようになること、
歌うことが自分の波動を高めること、そういう歌があること、
つぶつぶ料理とともに家庭に創造の歌が根付いたら
世界が花園になることを確信しています。

歌うことは、インナーマッスルの鍛錬であり、
深い呼吸の実践です。

愛と自信の自己表現の鍛錬になるし、
ともに歌うことで響きあいと息合わせの
練習になります。

歌い出してから、ゆみこのウエストはぎゅっと締まり
肌もますますツヤツヤになっていきました。

私も顔も体もきりっとしまってきて、
どんどんスッキリきれいになってるね、と言われるようになりました。

創造の歌レッスンは、
つぶつぶ天女の必須科目になりました。

私には、ゆみことともに
つぶつぶとともに歌が響きあう家庭を作るという
大きな夢が生まれました。

11月13日に滋賀からスタートする
未来創造セミナー「楽ちん子育て編」は
その夢を織り込んだセミナーです。

そういえば乳がんのことをまったく忘れていました。

ふくらむ夢とともに、私の細胞も意識の構造も
すっかり生まれ変わりつつある気がします。

いつの間にか、料理も会場設営も、
そしてピアノも歌もサポートできるマルチウーマンになっていた、
あたらしい私がここにいます。


つぶつぶマザー
神門佳代

おわり(3/3)


未来創造セミナー
3月21日(祝・金)岩手・雫石会場 詳細・申込はコチラから

前回ちょっと書いたのですが、次男から風邪をもらって、
他の3人の子たちと一緒に丸二日間寝込みました(^^;
末っ子あみは、そこに突発性発疹が重なったみたいで、珍しくグズグズ(><)
おっぱいにくっついて離れませんでした。。。
逆に言うと、普段は機嫌の良い、本当に手のかからない子なのです♪

お父さん鍋_convert_20140308120151

↑↑↑1日目は出張で不在だった夫が、2日目の晩に作ってくれた鍋
とにかく食欲はないし、起きていられなかったので、ありがたかったです♡
(既に子どもたちが待ちきれずにつついた後の写真ですが。。。)
最後にうどんを入れて食べるのが子どもたちの好物です(#^.^#)

それにしても、寝込んだおかげで、アナスタシア(和訳)の2巻・3巻を読めたのは
思いがけない収穫だったかもしれません☆彡


3月23日(日)岩手・雫石会場 開催します☆彡
コチラよりお申込受付中♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まずはここから
クラスのご予約はコチラから
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

つぶつぶラジオ開局!
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)

Author:つぶつぶマザー伊藤信子(のんちゃん)
穀物と野菜が主役のおいしいベジタリアン料理・未来食つぶつぶをお伝えしています。

つぶつぶの食を実践して13年余。苦手だった料理が大好きになり、おいしく食べ続けていただけで、心も体もスッキリ晴れやかになりました。

食と意識の力で、流産や帝王切開のつらい経験を乗り越え、第4子は感動の自宅プライベート出産。

雫石町に無垢の木と自然素材で建てた自宅兼アトリエでセミナーや料理教室を開催しています。

是非一度遊びにいらしてくださいね!

つぶつぶマザー
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示